医療痩身の種類や施術の内容について分かりやすく解説します。

医療痩身

医療痩身とは、脂肪減少の効果があるマシンや薬剤を使用する医療行為です。
医師が在籍する美容クリニックでのみ施術を受けることができ、エステサロンでは受けられない施術も多く存在します。
どのような種類があるのか、チェックしていきましょう!

 

脂肪溶解注射

クリニックで受けられる脂肪溶解注射

費用目安…3,900円~40,000円

脂肪溶解注射は、痩せたい箇所に薬剤を注射し、その部分の脂肪を分解する方法です。
使用される薬剤は大豆から抽出される成分で、脂肪の代謝を高め、コレステロールを溶かします。
溶け出した脂肪は老廃物として汗や尿と共に体外へ排出され、脂肪細胞自体が減少するので、リバウンドしにくいと言われています。

 

なお、脂肪の代謝は膵臓に負担がかかるため、一度に注入できる薬剤の量が決まっている点には注意が必要です。(目に見えてサイズダウンするには2週間おきに5回ほど注射しなければなりません)
脂肪溶解注射は薬剤の品質により費用に差があるため、症例写真や口コミを参考にクリニックを選びましょう。

 

脂肪冷却

費用目安…1部位辺り30,000円~50,000円

脂肪冷却とは、文字通りマシンを使って脂肪を冷却させ破壊する痩身法です。
水と脂の氷点の違いを利用して、体内の水分はそのままに脂肪だけを凝固させ脂肪を結晶化します。(一度凍らせた脂肪細胞は常温に戻しても元には戻らず、老廃物として体外へ排出されます)

 

施術時間は40~60分ほどかかりますが、皮膚が冷たいと感じることはないので、冷えが苦手な人も安心です。
さらに、脂肪が体外へ排出するまでに1か月ほどかかるため皮が緩んでしまう心配もありませんし、脂肪細胞自体が破壊されるためリバウンドの心配が少ないというメリットもあります。

 

なお、一度に冷却できるのはマシンを当てた脂肪の10~20%なので、効果を定着させるためには、1か月ほど間隔をあけて同じ箇所を3~5回冷却しなければなりません。米国では、脂肪吸引やその他の痩身治療よりも人気です。

 

脂肪溶解レーザー

費用目安…1部位辺り30,000円~100,000円

脂肪溶解レーザーとは、高出力のレーザーをピンポイントで当て脂肪細胞を破壊し、老廃物として体外へ排出させる医療痩身です。
施術はレーザーを浴びるだけであり、皮膚や筋肉など他の組織を傷つけずに脂肪細胞だけを分解することができるというメリットがあります。
さらに、施術中の痛みはなく、ダウンタイムはほとんどありません。
一度の施術は30分ほどで終了し、溶けた脂肪は1か月ほどかけてゆっくりと体外へ排出されるため、自然にサイズダウンすることができます。

 

脂肪燃焼点滴

点滴が打たれている様子

費用目安…5,000円~8,000円

脂肪燃焼点滴は、アルファリポ酸やLカルニチンを点滴し、脂肪燃焼効果を高めるという施術です。
アルファリポ酸には抗酸化作用、Lカルニチンには新陳代謝を高めるといった作用があります。
直接の痩身効果は高くないですが、運動や食事制限などを併用することでより効果的にダイエットができます。

 

医療痩身でラクして痩せよう

医療痩身は脂肪吸引のようなリスクを背負うことなく、確実に脂肪を減らすことができます。
ダイエットに疲れてしまったら、ぜひ一度クリニックでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

 

ページの先頭へ戻る